性病の授業

岐阜市で性器クラミジア感染症が疑われたら早めに検査

岐阜市には多くの医療機関がありますが、性病の検査や治療目的に病院やクリニックに訪れている人も少なくありません。

性病は早く治さないと悪化が進んでしまうこともありますし、パートナーにも感染を広めてしまうこととなります。
それゆえに、岐阜市で性行為後に体に異常を感じている場合ははやめに医療機関で診察や検査を受けましょう。

性病にも多くの種類がありますが、特に多いものでは性器クラミジア感染症があります。

性器クラミジア感染症は感染していても、症状が出にくいこともあり、気づかずに感染を広めている場合もあります。
10代、20代などの若い世代に多い病気となっており、男性の場合は主に尿道から感染し排尿痛や尿道のかゆみや不快感が生じることもあります。

そして女性の場合は子宮頸管に感染することが多くおりものの増加、不正出血、性交時の痛みなどが生じます。
放置していると卵管炎を起こし、不妊症の原因となってしまうこともあります。

岐阜市の医療機関で診察を受ける場合は女性の場合は産婦人科、男性の場合は泌尿器科や性病科で受けると良いでしょう。

性器クラミジア感染症の場合は、薬で治療を行うことができます。この場合はクラミジアに効果のある抗生物質が処方され、1日~1週間程度飲むこととなります。

再検査で陰性になっていれば、治療は終了します。そして、この場合も男女どちらかだけが治療を受けるのではなく、パートナーもともに治療を行うことが大切です。

病気が治ってからも再発しないよう、予防を行うことが大切ですが、コンドームなどの避妊具が役立ってくれますので、性行為のときには利用するよう心がけたいものです。

通常の性行為だけではなく、オーラルセックスでも感染しますので、こちらも注意しましょう。