性病の授業

性病、子宮全摘、性器ヘルペスについての解説

性病とは、「性的接触により感染する病気」として定義される病気で、正しくは「性感染症」と言い、STD、STIとも言います。
10種類以上の性病がありますが、主なものには梅毒、エイズ、淋病、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、ケジラミ症などがあります。

特に重症な性病にははエイズやコンジローマや梅毒があり、エイズは後天性免疫不全症候群ともいい、HIVウイルスの感染によって起こり、免疫機能が低下し、様々な病原体に対する抵抗が失われ、普段かからない病気にもかかり、死亡率が高くなってしまいます。

子宮全摘手術をすると性病にかからないということはよく言われますが、決してそんなことはありません。確かに子宮全摘すると子宮からのおりものなどのばい菌が減るので、確率的には幾分か下がりますが、ゼロになることはありません。

また、性病により子宮全摘手術をしなければならない場合もあります。子宮頸がんなどの場合です。子宮頸がんは不特定多数の人と交わるとかかる可能性が高くなります。

また、性病は女性だけにかかるものではありません。男性にもかかります。
性器ヘルペスは性行為をするだけで感染する可能性があり、症状は最初は患部の表面にヒリヒリ感やむずかゆさを感じます。
2~10日後にはブツブツや水ぶくれができます。
その後、それが破れて潰瘍ができ、非常に強い痛みを感じ、発熱を伴うこともあります。
性器ヘルペスは女性にも男性にもかかる性病で、特に女性の場合痛くて排尿もできないほどになります。

性器ヘルペスにかかった時の対処法は、まずは病院に行きましょう。
軽い症状の時は軟膏や内服薬で治療し、重い症状の場合は入院して点滴治療を行う場合があります。

いずれの性病にせよ、しっかりと予防することが重要です。予防には、コンドームを使うことが、非常に重要となります。