性病の授業

日本人に多い性病クラミジアの治療は自宅でもできる

性病というのは、パートナーとの性行為が原因で、感染する病気のことをいいます。日本国内において、特に多いと報告されているのが、クラミジアです。その感染者数は国内で100万人を超えるとされています。
性行為を経験するようになる10代から20代にかけて、感染者が増加する特徴を持っており、どちらかといえば、女性の方がかかりやすいです。
男女共に、感染をしても、症状があらわれないケースが多く、本人の自覚症状がないまま、パートナーへうつしてしまうことも珍しくない、厄介な性病といえます。感染する経路は性器同士の接触だけでなく、性器と口、お尻の穴などからも感染しますので注意が必要です。
クラミジアを治すには、病院でまずは検査をしてもらい、感染が分かったなら抗生剤などの薬を使います。しばらく服用した後、再検査で陰性になり、その後再々検査でも見つからなければ完治します。
きちんと完治させるには、薬の継続服用が大切です。病院で処方してもらう以外に、薬通販のAIDにて、クラミジアなどの性病に有効な、薬を購入することもできます。薬通販のAIDならば、普通の通販と同じような感覚で、効果の高い薬を手に入れることが可能です。薬通販のAIDでは正規品を取り扱っていますから、偽物の薬を購入せずに済むという安心感があります。
効果は同じでも価格の安いジェネリック医薬品の取り扱いもしているため、治療費の負担が辛く感じられる時にも、利用する価値の高い通販サイトといえるでしょう。
ちなみにクラミジアは検査キットを使えば、感染しているかを自宅にいながら知ることができます。プライバシーは守られますから、症状が出ていなくても感染が心配であれば、このような方法にまずは頼るのもおすすめです。