性病の授業

軟性下疳という性病は病変部に少量の出血することも

日本ではあまり患者はいませんが軟性下疳(なんせいげかん)という性病があります、似た名前で硬性下疳(こうせいげかん)というものもありますが両者は異なる原因菌によるもので別のものです。

軟性下疳は軟性下疳菌による性病で、硬性下疳は梅毒菌による梅毒の一症状を指します。

さて、軟性下疳はアフリカや南米、東南アジア地域に多い性病です、日本でも昔は今よりは患者も多かったのですが優れた医薬品の登場のよりほとんどみられなくなりました、しかし、完全になくなったわけではありません。

性行為などの接触感染で軟性下疳菌に感染した際の潜伏期間は数日で自覚症状を伴った発症は早いです、たとえば亀頭部ならば発赤から始まり痛みのある丘疹が形成され潰瘍を生じ、少量の出血を認める場合もあります、病変部が尿道に及ぶこともあります。

それとあわせて鼠径部のリンパ節(太ももの付け根あたり)は腫れて強く痛み化膿し、後に破れて出血を伴い膿が漏出します。

また、軟性下疳の感染は性器や陰部だけではなく口腔部にも感染します、この場合は扁桃腺が腫れ、口内に痛みのある潰瘍を生じますが目視上で出血しているかどうかの判別はつきにくいです。

治療は抗生物質の服用や注射、そして潰瘍部には外用薬で行います、治療に要する日数は1~2週間ほどですが、症状の程度によっては更に日数を要する場合があります。

この性病に罹るとHIVにも感染しやすくなる点が指摘されています、そういった点も含めて感染を拡げぬように患者本人の治療はもちろんのこと、患者と関わりのある性的接触者の検査と感染していた場合の治療も大切になってきます。

なお、軟性下疳は適切な治療により完全に治癒可能な性病です。